憧れのセラピストになるには資格習得が必須

セラピストの種類を明確に

マッサージ

資格を取得するとよい

セラピストになるには特別な資格などは必要がありませんが、就職やサロン経営をしたい場合には取得しておいた方がよいです。一般的なセラピストの資格は民間資格であり、様々な協会が付与してくれます。また、習得できる知識や技術に違いがあるのが特徴になります。セラピストになるには協会直営の学校に通って資格を取得するのが近道といえるでしょう。人気のあるセラピスト養成学校は通学または通信教育を通して利用することができます。ひとまとめにセラピストといっても、様々な種類がありそれぞれによって手技に違いがあります。例えばアロマセラピストは植物から抽出される精油を用いて、クライアントへ施術を行う職業になります。ハワイのロミロミやバリ古式マッサージや足裏マッサージなどもセラピストの位置づけになります。ハワイのロミロミやバリ古式マッサージなどは体のこわばりなどをほぐすのを目的としている要素が強く、一方、アロマセラピストは癒しや精油の働きを利用して施術するのが特徴になります。リフレクソロジーは足裏のみの施術であり、上記のセラピストとは異なるのです。このようにセラピストになるには自身がどのような手技や知識を持って、施術をしたいかによって通う学校に違いがでてくるのです。また、ニーズの高いセラピストになるには一つの資格の取得だけではなく複数の資格を取得しておく方がよりよくなります。確かな知識と技術を身につけるには、講師の質が高い学校を探すことをおすすめします。