憧れのセラピストになるには資格習得が必須

セラピスト系の資格

マッサージ

認知されている資格とは

身につけた知識や技術を駆使して心身を癒やすセラピスト。治療技術の専門家であるセラピストは、リラクゼーションセラピストやボディケアセラピストなどいくつかのタイプに分類できます。現在は職場や家庭などでストレスを抱えている人が増えています。それに伴ってサロンなどに対する需要が高まり、セラピストが活躍できる場が広がっています。このようなセラピストになるには、特別決まった進路はなく誰でもなることができます。一般的にセラピストになるには、スクールや通信講座などで知識や技術を学んでからサロン等で働く方法があります。またサロン等の現場で実践的な知識を身につけながら、セラピストになる方法もあります。更にセラピストになるには特別必要な資格はありませんが、民間団体が主催している資格が存在します。資格を持っていると、一定レベル以上の知識を持っているとみなされ、就職や転職に有利に働くことがあります。セラピスト系の資格として広く認知されているものに、アロマセラピーアドバイザーとアロマセラピーインストラクターがあります。アドバイザー試験を受験するためには、アロマセラピー検定1級に合格する必要があり、認定講習会や認定スクールを修了した人に与えられます。またアドバイザー資格を持てば、インストラクターの受験資格が得られます。ところでアロマテラピー検定は独学でも合格できる試験であり、市販の問題集を購入して、繰り返し問題を解くと良いでしょう。セラピストになるには資格取得は絶対ではありませんが、このような資格があると就職に有利になるかもしれません。