憧れのセラピストになるには資格習得が必須

セラピスト系の資格

セラピストになるには、特別な進路や資格は必要ありません。しかしアロマテラピーアドバイザーやアロマテラピーインストラクターなど、広く認知されているセラピスト系の資格を取っておくと、就職や転職に有利になる可能性があります。

やりたい仕事に就く

アロマオイル

体に関わる仕事

セラピストというと心理カウンセラーやリラクゼーションマッサージを行う人など、様々な職業を思い浮かべます。通常ではセラピストとはリラクゼーションサロンなどで働くスタッフのことを差します。オイルマッサージを行うこともあるのでエステティシャンとの違いが分からない方も多いですが、美容に特化しているのはエステティシャン、美容だけでなく健康にも携わっているのがセラピストです。セラピストになるにはリラクゼーションサロンで働くことが必要です。特別な資格はなく、店舗によって設けられた研修を受けます。もし医療業界で活躍したいという方は国家資格である指圧あんまマッサージ師の資格が必要です。セラピストになるためには筋肉や骨の名称・部位、筋肉の起始停止などや生理学などの知識は必要になります。そして何よりもセラピストになるには技術研修を受けねばなりません。マッサージの際の体の使い方などを習得することで職業病ともいえる腰痛や肩こりはとっても楽になります。セラピストになるには店舗で働いて研修を受け、お客様を施術することです。セラピストとして働く月収は21万円から23万円程度です。お店によっては完全業務委託として雇うこともあります。雇用は正社員、バイト、派遣、業務手当など様々です。近年リラクゼーションサロンも法整備などがきちんとされていており、社会保険や厚生年金などを給与から天引きされます。セラピストの仕事はまだまだこれから進化していく仕事です。セラピストになるには誰かになにかをしてあげたいという気持ちが何よりも必要です。

アロマオイル

目指す職業で資格は変わる

セラピストになるには、サロンなどで働きながらスキルを身につける方法と、学校などで学ぶ方法があります。学校ならば学習できる範囲も広く、資格の取得もでき、就職などでPRすることも出来ます。目指したいセラピストによって必要な資格も変わるので、カリキュラムの内容など、学校選びは慎重に検討することが大事です。

マッサージ

セラピストの種類を明確に

セラピストになるには専門の学校で資格を取得するとよいでしょう。講師の質が高い学校や協会直属の学校は人気が高く、確かな知識や技術を身につけることができます。なりたいセラピストの資格を明確にして、学校に通うことが大切です。